ログイン

Alfa Spider のある暮らし

アルファロメオの妖艶な魅力!
アルファスパイダーに乗る快感!
そしてヌヴォラな輝きの優越感!

ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
プロフィール
ハクナマタタ
ハクナマタタ
車全般好きですが、やはりイタリアはいいですね。
カウンター
Counter
2022年6月
1
先勝
2
友引
3
先負
4
仏滅
5
大安
6
赤口
7
先勝
8
友引
9
先負
10
仏滅
11
大安
12
赤口
13
先勝
14
友引
15
先負
16
仏滅
17
大安
18
赤口
19
先勝
20
友引
21
先負
22
仏滅
23
大安
24
赤口
25
先勝
26
友引
27
先負
28
仏滅
29
赤口
30
先勝
スパ燃費

蘭ちゃん燃費

witten by ハクナマタタ
世界中
うんうんする
13


先週末、幕張メッセで開催されたオートモビルカウンシルに行ってきました。
会場を眺めると、ブース間の距離を取っていることもあるのでしょうが、閑散としている印象を受けました。

AMC2021-51.jpg

今回は、ラリー車が特集。
会場の中央に鎮座するのは、イタリアの4台。

AMC2021-52.jpg

AMC2021-53.jpg

AMC2021-54.jpg

AMC2021-55.jpg

国産は、日産とスバルが展示されていました。
個人的に好きなのは、サファリラリーを制したこの240Zです。


AMC2021-56.jpg

マツダブースは、ルマン優勝30周年ということで、787Bが展示されていました。
個人的には、このRX-7が好きです。

AMC2021-57.jpg

ここからは、販売されているヘリテージカーです。
まずは、イタ車から。

AMC2021-58.jpg

フルビアは、ここにきて問い合わせが増えているそうです。
投機家が目を付けたのか?

AMC2021-59.jpg

AMC2021-60.jpg

AMC2021-61.jpg

AMC2021-62.jpg

AMC2021-63.jpg

AMC2021-64.jpg

ゴルフⅡとカブリオレクラシックラインに特化したブース。販売もこの車種に限られているとか。

AMC2021-65.jpg

AMC2021-66.jpg

ロータス勢のプライスが、何となく安く見えてしまう。

AMC2021-67.jpg

AMC2021-68.jpg

アメ車は、ちょっと違う自動車文化なのかな?ほとんどいなかったですね。

AMC2021-69.jpg

この2台は、なんとレンタカー。
乗りたい人は、京都へGO!

AMC2021-70.jpg

国産のヘリテージカーの高騰はびっくりです。

大好きなZ432ですが、びっくりのプライスが付いていました。
個人的にはオレンジ色がいいなぁ。絶対買えないけど(笑)。

AMC2021-71.jpg

AMC2021-72.jpg

AMC2021-73.jpg

AMC2021-74.jpg

ここからは、個人オーナー車の展示です。
ミッレミリアで見かけるブガッティでしょうか?


AMC2021-75.jpg

AMC2021-76.jpg

ジャガーEタイプ誕生60周年記念展示は、会場の片隅に。
ま、個人オーナー車両だから仕方ないかな。


AMC2021-77.jpg

AMC2021-78.jpg

うーん、やっぱロングノーズのデザインが大好きです。

AMC2021-79.jpg

出展社の方から聞いた話ですと、今タマが無いらしいです。
ヘリテージカーを投機対象としている連中が買い漁っているからなのか、ここに出展しなくてもそれなりのクルマはどんどん売れるそうです。

今回眺めて思ったのは、いつの間にかびっくりするような値付けになっていること。
そういう傾向があることは知っていましたが、ここまでくると別世界ですね。

2021年4月14日 08:17  | 車etc.  | コメント(0)  | トラックバック(0)
witten by ハクナマタタ
世界中
うんうんする
17


ものすごーく久しぶりに、宮ケ瀬(神奈川県内のダム湖)に行きました。
目的は、ケイミーさんのベスパとスパイダーの初ミーティング。

 
Vespa2103-01.jpg

似たような色かな、と思っていたけど、実際に並べると違いますね。

Vespa2103-02.jpg

このベスパ・プリマベーラは、ベスパ70周年記念モデルで、実はシートと同じ色のレザーの鞄付きです。
(普段使いは、この鞄に替えているそうです)

Vespa2103-03.jpg

このベスパで走っていると、おじさんライダーからよく声を掛けられるそう。

Vespa2103-04.jpg

宮ケ瀬を後にして、桜のトンネルを走行。

Vespa2103-05.jpg

換気の良い、二輪車とオープンカーでした。

2021年4月2日 00:11  | Spider  | コメント(0)  | トラックバック(0)
投稿日:2021/03/27 7:04:12
この記事はカーくる会員のみに公開されています。

投稿日:2021/03/19 5:53:35
この記事はカーくる会員のみに公開されています。

witten by ハクナマタタ
世界中
うんうんする
15


久々の想い出車の投稿です。

今回は、ダイハツがかつて製造販売していたコンパーノ・スパイダーです。

Compagno2.jpg

実はこのクルマ、私の最も古い記憶のひとつなのです。
たぶん幼稚園の頃だったと思うのですが、当時私の叔父がこのクルマを購入し、乗せてもらったことがありました。

その時、叔父が自慢していた言葉は、「4人乗れるオープンカーはこれだけなんだ」ということ。
そして、「前に乗りたい」と駄々をこねるも、乗せてもらう時は決まってリアシートでした。
今思うと、4人乗りと言いながらもリアシートは狭く、子どもじゃないと窮屈すぎたんでしょうね。

Compagno3.jpg


下の写真は、当時のカタログです。

当時の国産オープンカーというと、フェアレディ2000、トヨタS800、ホンダS800という歴史に残るような車名が出てきますが、
このコンパーノ・スパイダーは全くというほど出てきません。
それだけ売れなかったんでしょうね。この後ダイハツはトヨタの傘下に入り、軽自動車に特化するメーカーになってしまいました。


Compagno1.png


今回このクルマを取り上げた理由はもうひとつ、「スパイダー」というネーミングです。
国産でオープンカーにスパイダーという名を付けたのは、このクルマが最初だったのではないでしょうか?
調べてみると、このデザインはイタリア系だったようです。
コンパーノ(Compagno)というネーミングもイタリア語で「相棒」の意味。

イタリアのスパイダーに乗りたい、と思ったのは、この幼少期の体験が基になっていたのかも?

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.work/TrackBack.ashx?TR=fQFs8hMx1jnpqDnSobODag%3d%3d
2021年2月28日 07:08  | 想いで車  | コメント(0)  | トラックバック(0)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る