ログイン
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
0


ボルボ・カー・ジャパン株式会社は、ボルボV60 Recharge(プラグインハイブリッド)の特別限定車V60 Recharge Polestar Engineered(台数限定150台)およびボルボV60の特別仕様車V60 Ultimate B4 Dark Editionを2022年9月1日より発売を開始した。

1.-V60-Recharge-Polestar-Engineered_Exterior-image-2.jpg

3.-V60-Recharge-Polestar-Engineered-_Exterior-Rear.jpg


 
特別限定車V60 Recharge Polestar Engineeredは、前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動するボルボ独自のプラグインハイブリッドパワートレーンを搭載するミッドサイズステーションワゴンV60 Rechargeのハイエンドモデル。ボルボ60シリーズで唯一、最もパワフルなT8 AWDパワートレーンを搭載し、合算参考出力は462ps(317ps / 400Nm + 145ps / 309Nm)という圧倒的なパワーを発揮します。電池容量18.8kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーによりEV走行換算距離(等価EVレンジ)は87㎞を達成し、ハイブリッド燃料消費率(WLTCモード)は15.2km/ℓを実現。高次元の走行性能と優れた環境性能を両立させるとともに、プラグインハイブリッドならではの高い静粛性と快適性も実現。

 
強大なT8 AWDパワートレーンの高出力を受け止めるシャシーは、22段階の減衰力調整が可能なオーリンズ製DFVショックアブソーバー&強化スプリングをはじめ、Brembo製6ピストン・フロントブレーキキャリパーとスリット入りベンチレーテッドディスク(フロント/371mm)、ストラットタワーバー、19インチの専用鍛造アルミホイールを装着し、性能強化を図っています。特別限定車V60 Recharge Polestar Engineeredの販売台数は全国150台を予定しており、今回の導入を以て、販売終了となる。
 
特別仕様車V60 B4 Ultimate Dark Editionは、直列4気筒2.0リッターターボエンジンに7G-DCT(7速デュアルクラッチ式トランスミッション)と48Vハイブリッドを組み合わせたB4パワートレーンに、ベンチレーションやリラクゼーション機能を有するナッパレザーシートや、オレフォス社製クリスタルシフトノブなど、北欧ならではのラグジュアリーを体現したインテリアを装備するV60 B4 Ultimateに、ダイナミックなグロッシーブラックを基調としたエクステリアデザインテーマと、より俊敏な走りを生み出すスポーツサスペンションが与えられた特別仕様車となる。
 
6.V60-Recharge-Polestar-Engineered_Exterior-rear.jpg

7.V60-Ultimate-B4-Dark-Edtion_Interior.jpg

8.V60-Recharge-Polestar-Engineered_seats.jpg

9.-V60-Ultimate-B4-Dark-Edtion_Orrefors-Shift-knob.jpg

10-V60-Recharge-Polestar-Engineered_Wheel.jpg

14.-V60-Recharge-Polestar-Engineered_Body-and-chassis.jpg


 メーカー希望小売価格
16.jpg
2022年9月2日 07:52  | プレスリリース  | COMMENT(0)
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
0


本田技研工業は、新型「ホンダ・シビック タイプR」を2022年9月2日に発売すると発表した。

1661932569606.jpg

新型シビック TYPE Rは、スポーツモデルの本質的価値である「速さ」と官能に響く「ドライビングプレジャー」が両立する究極のピュアスポーツ性能を目指した。Honda独自のVTEC TURBOエンジンをさらに磨きあげることで、出力とトルクの向上を実現するとともに、運転に夢中になることができるような痛快なドライビングフィールを追求。さらにTYPE R専用のデータロガー「Honda LogR(ホンダ ログアール)」を搭載しクルマの機械的な運動情報などをリアルタイムに伝えることで、新たなドライビングプレジャーを提供するとしている。


エクステリアは、ローアンドワイドを強調し、圧倒的な速さと美しさを兼ね備えたデザインを目指し、冷却性能向上のためグリル開口部を大きくするとともに、サイドシルガーニッシュやリアスポイラーなどで空力性能を追求しながらも、リアフェンダーをボディと一体化したしたことで、流れるような美しいデザインに仕上げられた。
 
インテリアでは、車に乗り込むときの高揚感と運転時に集中できる空間を、赤と黒を用いてハイコントラストに表現。赤いシートとフロアカーペットを採用し気持ちの高ぶりを演出。また、サーキットでの限界走行時においても運転に集中できるように、直感認知性を向上させたノイズレスな視界を追求し、反射を抑えた偏光ガンメタリック塗装を採用するなど、ブラック基調のインストルメントパネルとした。

新たなドライビングプレジャーの提供を目指したTYPE R専用データロガーであるHonda LogRを車載ナビにアプリとして搭載。自分自身の運転操作によるクルマの機械的な運動情報などをリアルタイムに知ることができ、また、その情報のTYPE Rユーザー同士でのシェアを実現。人とクルマとの新たなあり方を提案。

1661936784052.jpg
 
 1661936784332.jpg
 

メーカー希望小売価格 (消費税10%込)

シビック TYPE R:4,997,300円

2022年9月2日 07:41  | プレスリリース  | COMMENT(0)
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
0


 Stellantisジャパン株式会社は8月29日(月)、シトロエンの哲学に基づく大胆で革新的、かつ快適なロングツーリングを実現するフラッグシップモデル C5 Xを発表し、10月1日より全国のシトロエン正規ディーラーにて発売すると発表した。

1.jpg
 
 
C5 Xは、セダンのもつエレガンスとステーションワゴンの実用性、そしてSUVの力強さを組み合わせた独創的なデザインで、ラージセグメントにあらたな息吹を吹き込むモデルである。このニューモデルには、ガソリンとプラグインハイブリッドの仕様が用意され、ラージセグメントやSUVセグメントのお客様が期待する現代性やステータス、そして革新性を体現している。
 
モデル名に添えられた X は、CXに始まるブランドの X の系譜を継承し、さらにセダンやステーションワゴン、SUV のシルエットを融合させた、シトロエンアドバンストコンフォートの集大成とも言えるモデルとなった。
 
フロントフェイスは C4 に通じる V 字シェイプのライティングシグニチャーが特徴で、ブランドとしてデザインの統一性を図り、ボトムのクローム処理によって風格のある佇まいとなっている。
 
ボンネットとボディサイドに刻まれたキャラクターライン、そして大径ホイールとブラックホイールアーチがダイナミックな印象を与え、ルーフに沿って流れるクロームラインがアクセントとなっている。大型のスポイラーを上下に備えたテールゲートに加え、サイドにまで大胆に回り込むコンビネーションランプがリアビューを印象づけている。
 
ボディサイズは、全長4,805mm、全幅1,865mm、全高 1,490mmという、Dセグメントの中心に位置するゆとりあるサイズとなっている。ホイールベースは2,785mmで、低重心でスタイリッシュなロングボディと流麗なフォルムは、大人5人が快適に過ごせる広々とした空間となっている。
 
2.jpg

3.jpg

4.jpg
 

メーカー希望小売価格(消費税10%込)

C5 X SHINE(受注生産):4,840,000円
C5 X SHINE PACK:5,300,000円
C5 X PLUG-IN HYBRID:6,360,000円
2022年8月30日 07:10  | プレスリリース  | COMMENT(0)
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
0


 ビー・エム・ダブリュー株式会社は、ハイ・グレードな装備を施した特別仕様車「MINI Clubman Untold Edition(クラブマン・アントールド・エディション)」を、全国のMINI正規ディーラーにおいて、2022年8月25日より販売を開始すると発表した。納車は、本年9月以降を予定している。

P90475050_highRes_mini-clubman-untold-.jpg

P90475051_highRes_mini-clubman-untold-.jpg
 

英国のプレミアム・ブランドMINIにラインアップされるMINI Clubmanは、スタイリッシュなデザインと機能的な室内空間を実現し、MINIラインアップの中でも繊細なクラフトマンシップや、モダンでファッショナブルな個性を表現するモデルである。MINI Clubmanは、2008年に初代モデルが誕生し、2015年に二代目へと進化させ、2019年には二代目モデルのデザインに変更を加え、現在に至っている。
 
 
MINI Clubman Untold Editionは、Untoldの名が意図する「言い表すことのできない、今までに見た事が無い」を、「語るまでもない存在感をする特別仕様車」というコンセプトに置き換え、MINI Clubmanでのみ表現可能な世界観の中、美しく鮮烈で、誰をも振り返らせる華麗なデザインで創り上げられた。多様なシーンに適したパワフルなクリーン・ディーゼル・エンジンを搭載したMINI Cooper D Clubman/MINI Cooper SD Clubmanをベースに、専用のボディ・カラーや、ハイ・グレードな仕様とした特別仕様車である。
 
P90475054_highRes_mini-clubman-untold-.jpg

P90475056_highRes_mini-clubman-untold-.jpg

P90475057_highRes_mini-clubman-untold-.jpg

P90475065_highRes_mini-clubman-untold-.jpg



メーカー希望小売価格 (消費税10%込)

MINI Cooper D Clubman Untold Edition: 4,690,000円
MINI Cooper SD Clubman Untold Edition:5,330,000円
2022年8月29日 06:45  | プレスリリース  | COMMENT(0)
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
0


  トヨタ自動車はカローラ アクシオならびにカローラ フィールダーを一部改良し2022年8月22日に発売を開始したと発表した。

20220822_01_01.jpg

20220822_01_05.jpg

 
カローラはTNGAを採用した新世代のスポーツ、セダン、ツーリングが全グレードにおいて3ナンバー化している。
しかし、5ナンバー枠を必要とする需要に応えるべく、アクシオ、フィールダーの継続生産を続けている。

今回の改良では、ヘッドライトにプロジェクター式LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付)を標準装備。
そして、ナノイーXを標準装備、マニュアルエアコンへのナノイーX搭載はトヨタ初採用となる。
スマートフォンが置けるパーキングブレーキレバー横トレイ、充電用USB端子(Type-C)を新設し、全車に標準装備し、さらにシート表皮を一新し。堅牢かつ上質なモダンさを表現している。
 
20220822_01_07.jpg

20220822_01_08.jpg

20220822_01_09.jpg

20220822_01_06.jpg
 

 
メーカ希望小売価格 (消費税10%込)
 
カローラ アクシオ:1,611,600円~2,177,000円 
カローラ フィールダー:1,758,400円~2,330,400円
2022年8月23日 07:15  | プレスリリース  | COMMENT(0)
+ 広告 +
+ 関連グループ +
2022年9月
1
先勝
2
友引
3
先負
4
仏滅
5
大安
6
赤口
7
先勝
8
友引
9
先負
10
仏滅
11
大安
12
赤口
13
先勝
14
友引
15
先負
16
仏滅
17
大安
18
赤口
19
先勝
20
友引
21
先負
22
仏滅
23
大安
24
赤口
25
先勝
26
先負
27
仏滅
28
大安
29
赤口
30
先勝
+ 記事検索 +
検索語句
ページ先頭に戻る
ページ下部へ移動する