カーくるトップへ

インテグラーレじゃあないけど、デルタです。

新型デルタ(第3世代、844型)のブログでしたが・・手放してしまい、その後メインカーがパンダ(3代目)→DS5→アヴァンタイム→C4ピカソ(初代)と迷走?期間を経て、今はランチアテージスとフィアットバルケッタの2台体制になりました。タイトルはそのままですが・・

2022年4月〜2度目のインドネシア駐在になりました。会社規定で車運転禁止という環境の中、なんとか車活が出来ないか、色々と模索していきたいと思います。いつか帰国した時にはまた変態車を飼うぞ〜

ニューデルタ、C4ピカソ、バルケッタネタ以外に、海外のクルマ、珍しい中古車、ミニカー(1/43)、シリーズネタ等でお送りしてます。
witten by はるぱ
世界中
うんうんする
8


タイの現地法人のローカルの部長さんのK氏ががタイでは珍しいNCロードスターに乗ってるとの事で、訪問時に見せて貰いました。

こちらがそのロードスター

タイではロードスターは新車だと1000万円程度するらしいです。

3年前に中古で300万くらいで仕入れて、そのごモディファイに300万円程注ぎ込んだとのこと。

パーツは主に日本から仕入れてるとのこと。エアロとかも送ってもらったとのこと。 このつづくは、モディファイが続くよという意味らしいです(笑)

トランスミッションはATです。ホントはMTが欲しかったとのことですが、正規輸入はATしか無い?らしいです。

内装は元はVSのタンカラーだったようですが、レーシーは外装に合わせて色々と替えたとのこと。バケットシートも奢られてます。

エンジンがまた凄い。いろんなところに手が入ってます。

ロードスター仲間とツーリングにいったりもするそうです。 難点は熱いので、滅多にオープンにできないとのことで、普段はハードトップを付けてるとのこと。

かっては、MR2とかにも乗ってたとのことですが、今はロードスターにゾッコンな感じです。 こういう風に日本車が愛されてるのは嬉しいですよね。

 

 

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.work/TrackBack.ashx?TR=w5TAJIztluY3mHIA1raVmg%3d%3d
2023年5月7日 21:01  | その他のクルマ  | コメント(4)  | トラックバック(0)


witten by はるぱ
世界中
うんうんする
20


タイの街中のクルマ達です。

インドネシアと比べると、ピックアップが多い。セダンもまだ多い。ドイツ車をはじめとした高級車が多い。派手なボディーカラーも多い。といったところが違いでしょうか。

反対に日本車が9割以上、中国車韓国車も徐々に浸透といったところは一緒ですね。

国策で税金の安いピックアップが多いです。ライトトラック的な使い方をされてるんですね。

タクシーはまだセダンがメインで派手な色が多いです。

デカいリアスポ付きのタクシー

派手なラッピングのBMW

クーペが多いのも、成熟した車社会だからでしょうね。

ネオクラのドイツ車も多いです。

ベントレーや

マセラティや

派手なアウディや

ランボルギーニも

なんと、シュコダも居ました!

テスラも結構走ってますね。

ジャガーi paceも

メルセデスのスプリンター。巨大です。

レクサスのLMも売られてます。

そして中国車はMGが一番多いです

こちらはSUV

BYDのATTO3も結構走ってました。

こちらは同中国のHAVAL

大型ミニバンはアルファードの独壇場ですが、キアの大型ミニバンも結構居ました

シトロエンとかも売られてますが、残念ながら見かけませんでした。

昔はアルファロメオの156もアセンブリー生産してましたが、こちらも遭遇出来ませんでした。

隣国ですが、インドネシアとはまたかなり違って面白いですね。

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.work/TrackBack.ashx?TR=gk2t4MnDpKsSpSqGXekigQ%3d%3d
2023年4月25日 18:48  | 海外のクルマ事情  | コメント(6)  | トラックバック(0)


witten by はるぱ
世界中
うんうんする
51


久々のこんな中古車めっけたです。

今回見つけたのも、かなり変態な一台。

ヴォクソール カリブラ !!!!

https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/15/700920014430220209001.html

一瞬、んっ? って感じですが、皆さんよくご存知のオペルカリブラの英国版です。

しかし、カリブラは正規輸入されてたのに、なぜ故にわざわざヴォクソールなのか?

カリブラは日本には16V+4ATと高性能版のターボ4WD+6MTが導入されてましたが、16V+MTの右ハンドルが欲しいがためにこれを仕入れたのか…

しかも、ベースグレードのようで、ホイールキャップ? ハッチバックとかなら、ベースグレードを好む方も結構おられますが、クーペでこの選択は渋すぎる…

エンジンヘッドもヴォクソールですので、間違いなくバッチチェンジではなさそうです。

これを最初購入された方にお話を聞いてみたいなぁ… ^^;

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.work/TrackBack.ashx?TR=KfJlTCVBkDJsKKCYwjsVLQ%3d%3d


witten by はるぱ
世界中
うんうんする
12


バンコク国際モーターショー2023 日本車編、欧州米国車編に次いで、韓国中国車編です。

タイでもインドネシアと同様、韓国車、中国車がジワジワと販売を伸ばしてて、ブースも見学者が多く、活気がありましたね。

ヒュンダイのブースは、話題のアイオニック6が。

リアは尻下がりでポルシェ? レパードJフェリー?(笑)

アイオニック5も。

他にキアがブースを構えてましたが、ミニバンのカーニバルに絞って展示をしてました。

中国車は、タイではBYDとMGが人気があり、街でも結構見ましたね。

BYDは巨大なブースを構えてました。

日本でも販売開始したATTO3。 なかなか質感高いですね。

これはドルフィン。 内装はこちらのほうがオーソドックスでいいですね。

こちらはシール。 これもなかなか流麗なデザイン。

その他にもSUVや。

大型セダンのHANと、EVを全面に押した出展を。

MGもEV推しで。

MGはSUV、セダン、ハッチバック以外にも、売れ筋のピックアップや。

EVのミニバンまで出してました。

そして、最近勢いのあるGREAT WALL(長城汽車)

これはEVで一番売れてるORA GOODCATというモデル

フロントはビートルで、リアはこんな感じ。

ちょっと驚いたのが、内装の質感が高く、結構洒落てること。

しかもグレードによって、内装の雰囲気を結構変えてます。

こちらは同SUVのHAVALですが、プジョーに似すぎ…

こちらは、キジャンイノーバゼニックスに似てる。

そして、新たな高級SUVブランドのTANKの展示も。 こちらは500というモデルですが、トヨタランクル/タコマに似てる気も…

あと、NETAというブランドも販売を開始したそうです。

こちらもEVメインで。

ちょっと安いゾーンを狙ってるようで、質感はイマイチかな。

シティコミューターも。

最後まで

見て頂き

ありがとうございました!♡

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.work/TrackBack.ashx?TR=a36FKiBj3uMDZ6CVtR2K0w%3d%3d


witten by はるぱ
世界中
うんうんする
9


バンコク国際モーターショー、日本車編に次いで欧州米国車編です。

ボルボはEVのC40を出展。街中でも見ましたね。

ポルシェは派手な色でアピール。

これはタイでのポルシェ販売30周年記念車。

めちゃ目立ちますね。

こういうライフスタイル提案型の展示も多いですね。 バンコクでもポルシェは東京並みに見る感じです。

BMWはEVのXMを。写真ではなんというデザイン…と思いましたが、実車は意外とありかも…

7シリーズのデカグリル。

新型M2も。前のデザインのほうが好きかな〜

メルセデスは新型SLを。 これスタイリッシュで好きです。

EQSも。 EVはアセアンではタイが先陣を切ってる感じですね。

メルセデスのスプリンター。巨大です。

ミニも良く見ますねー

プジョーは208のレース仕様?と。

なんと、4008も展示されてました。

スタイリッシュですが、308や508のほうが好みかな〜

マセラティMC20チェロも!

グレカーレ。ボディーカラーがいいです。

フォードはピックアップ推し。

このフェイスは目立ちますね。

ジープも人気ですね。

その他にもロールスロイスや

アストンマーチン

ベントレーといった展示も。

チューナー系や、クラシックカーの展示もあります。

次は最後の中国車韓国車編に続きます(お待ち下さい)

 



プロフィール
はるぱ
はるぱ
「はるぱ」です。(2012年ははるパパ)よろしくお願い致します。カバー写真はランチアデルタ(844)ですが、今はランチアテージスとフィアットバルケッタです。車歴は、シトロエンBX(16TRS)→ユーノ...
愛車情報
カーとも
参加グループ
広告
カウンター
Counter
2024年6月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
大安
7
赤口
8
先勝
9
友引
10
先負
11
仏滅
12
大安
13
赤口
14
先勝
15
友引
16
先負
17
仏滅
18
大安
19
赤口
20
先勝
21
友引
22
先負
23
仏滅
24
大安
25
赤口
26
先勝
27
友引
28
先負
29
仏滅
30
大安
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
2023年05月 (1)
2023年04月 (4)
2023年03月 (5)
2023年02月 (2)
2023年01月 (5)
2022年12月 (4)
2022年11月 (4)
2022年10月 (5)
2022年09月 (3)
2022年08月 (5)
2022年07月 (5)
2022年06月 (4)
2022年05月 (5)
2022年04月 (4)
2022年03月 (4)
2022年02月 (7)
2022年01月 (6)
2021年12月 (10)
2021年11月 (7)
2021年10月 (7)
2021年09月 (7)
2021年08月 (7)
2021年07月 (9)
2021年06月 (6)
2021年05月 (8)
2021年04月 (6)
2021年03月 (7)
2021年02月 (9)
2021年01月 (6)
2020年12月 (7)
2020年11月 (8)
2020年10月 (5)
2020年09月 (8)
2020年08月 (12)
2020年07月 (5)
2020年06月 (7)
2020年05月 (7)
2020年04月 (5)
2020年03月 (4)
2020年02月 (3)
2020年01月 (6)
2019年12月 (6)
2019年11月 (4)
2019年10月 (6)
2019年09月 (6)
2019年08月 (5)
2019年07月 (4)
2019年06月 (7)
2019年05月 (9)
2019年04月 (4)
2019年03月 (4)
2019年02月 (3)
2019年01月 (7)
2018年12月 (5)
2018年11月 (3)
2018年10月 (4)
2018年09月 (5)
2018年08月 (6)
2018年07月 (4)
2018年06月 (6)
2018年05月 (4)
2018年04月 (4)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2018年01月 (6)
2017年12月 (4)
2017年11月 (6)
2017年10月 (4)
2017年09月 (4)
2017年08月 (6)
2017年07月 (4)
2017年06月 (6)
2017年05月 (7)
2017年04月 (5)
2017年03月 (5)
2017年02月 (3)
2017年01月 (5)
2016年12月 (6)
2016年11月 (4)
2016年10月 (6)
2016年09月 (6)
2016年08月 (5)
2016年07月 (5)
2016年06月 (3)
2016年05月 (4)
2016年04月 (5)
2016年03月 (6)
2016年02月 (8)
2016年01月 (6)
2015年12月 (6)
2015年11月 (6)
2015年10月 (4)
2015年09月 (7)
2015年08月 (5)
2015年07月 (8)
2015年06月 (8)
2015年05月 (7)
2015年04月 (9)
2015年03月 (6)
2015年02月 (7)
2015年01月 (9)
2014年12月 (7)
2014年11月 (9)
2014年10月 (9)
2014年09月 (7)
2014年08月 (10)
2014年07月 (7)
2014年06月 (8)
2014年05月 (6)
2014年04月 (9)
2014年03月 (12)
2014年02月 (8)
2014年01月 (5)
2013年12月 (10)
2013年11月 (8)
2013年10月 (4)
2013年09月 (10)
2013年08月 (6)
2013年07月 (6)
2013年06月 (6)
2013年05月 (7)
2013年04月 (5)
2013年03月 (8)
2013年02月 (4)
2013年01月 (7)
2012年12月 (6)
2012年11月 (6)
2012年10月 (6)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る